上星期在上會話課時, 尾崎老師在課堂上提到了這個字.

バツイチ , 意思就是指 " 離過一次婚的人 ".

 

以下, 是Wikipedia對這個字的由來及解釋:

 

バツイチとは、男性・女性の区別無く1度は結婚したものの離婚・死別して現在独身である状態のこと、一度離婚・死別した経験を持つ人のことを指す俗称。

語源については、クイズ番組(TBS系で全国放送されていた「クイズ100人に聞きました」か?)で、解答者が問題を誤答した時、その解答者が手に持つバツ(×)印のプラカードという説や、籍を抜いた際に戸籍に記入される大きなバツ(×)印という説[1]などがある。後者の場合、局所的にはかなり古くから使われていた可能性もある。

結婚情報サービスなどによる結婚パートナー探しやそれによって結婚するカップルが増えており、その中で一度結婚に失敗した人に対し暗いイメージを持たれないようなるべく面白い表現で言おうとしたこと、そして若者をターゲットにしたトレンディドラマでも台詞としてよく使われたことから次第に定着していったものと考えられる。

使用されていたのは1980年代後半からという説があるが、1991年頃から新聞紙上等で用いられるようになった。1992年9月に離婚した明石家さんまが離婚会見で用いたことから急速に浸透し、『現代用語の基礎知識』1993年版にも若者用語として掲載された。

一時期、女性週刊誌などで、「女性のバツイチは、キャリアアップの一つとしてパートナーを変更した結果である」として、もっと積極的で明るいイメージの「ピカイチ」に呼び替えようとする運動が展開されたことがあったが定着しなかった。また離婚経験は貴重な体験だとしてバツをマルに言い換えた「マルイチ」[2]「シングルアゲイン」、「セカンドシングル」などの用語もあった。このようなバツイチを言い換えたり、その暗いイメージを払拭しようとする運動は、形を変えて数年おきに起っており、近年も「女性のバツイチは勲章」との言葉が女性週刊誌や女性ファッション誌などで取り上げられた。キャリアウーマンの中にも、離婚経験を勲章と考える者がいる。なお、2回以上の離婚経験者を指して「バツニ」「バツサン」などと称することもある。

一方でバツイチの男性・女性を「中古」として配偶者として劣ったものとする考え方も根強く残っている。特に、子供がいるバツイチの者は、再婚相手が実子でない子の親になること、養育費の支払い等の問題から敬遠されることも多い。

 

創作者介紹

維大的航道

ishuoni99 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()